どんな食品に多く含まれているのか

コラーゲンを摂取する場合、サプリメントと食事から、両方から同時摂取することをおすすめします。コラーゲンは吸収されにくい成分のため不足しがちですので、サプリメントで補うことはとても大切ですが、バランス良く食事をすることで、その吸収率をアップさせることが出来ます。

コラーゲンが多く含まれている食品

食事からコラーゲンをなるべく多く摂取しようとした場合、コラーゲンを多く含む食材を知っておく必要があります。コラーゲンはゼラチン質のプルプルとした部分に非常に多く含まれています。動物性コラーゲンを多く含む食材を言えば、豚足・筋肉・鶏軟骨・鶏皮などがあげられます。また、海洋性コラーゲンを多く含む食材は、フカヒレ・エイヒレ・魚の皮、すっぽんなどがあります。軟骨や骨を煮込んで作ったスープや魚の煮汁などにもコラーゲンは溶け出していますので、捨てずに利用すると良いでしょう。

コラーゲンのみの摂取は効果ダウン?

コラーゲンを摂りたいからといって、コラーゲンだけを摂取していてもその効果はアップしません。コラーゲンは非常に吸収率の悪い成分のため、その他の成分のサポートが必ず必要となってきます。タンパク質やアミノ酸、またコラーゲンの吸収を高めるビタミンCなどの栄養素も忘れずに摂取しましょう。さまざまな栄養素がうまくバランスを取ることによって効果がアップするのです。

どんなコラーゲン食品がおすすめ?

コラーゲンには動物性コラーゲンやマリンコラーゲン、植物性コラーゲンなど色々ありますが、おすすめはマリンコラーゲンです。マリンコラーゲンは海の生き物である魚やすっぽんの皮や骨から抽出したコラーゲンですが、その吸収率は動物性コラーゲンに比べ高いと言われています。コラーゲンは吸収されにくい成分ですが、動物性コラーゲンと比べてみると、マリンコラーゲンの吸収率は約7倍。マリンコラーゲンは低分子コラーゲンであると言えます。どちらかを摂取するとすれば、マリンコラーゲンをおすすめします。

PAGETOP