効果的な摂取方法

コラーゲンを食品から摂取しようとする場合、その摂取方法によって効果に差が出てしまいます。コラーゲンは外部からの刺激に弱いためすぐに壊れやすく、注意が必要です。そんなコラーゲンの効果的な摂取方法とはどのようなものでしょうか。

バランスの良い食事を心掛ける

コラーゲンは吸収、消化率の低い成分です。そのため、コラーゲンのみの力では最大限の効果を発揮することができません。さまざまな栄養素がバランス良く働き、協力し合うことで、その効果をうまく活用することが出来ます。栄養素の偏りは良い結果を生み出しません。すべての栄養素はその相互作用でつながっていることを忘れないようにしましょう。

栄養素の溶け出しを最小限に抑える

コラーゲンの構造上、すぐにバラバラになってしまうため、水に溶け出しやすくなります。少しのぬるま湯にも溶けだすので、水で煮ると煮汁まで飲まないとその効果を得られないという結果に。海洋性コラーゲンが豊富で、しかも分子量が小さいため吸収率も高い魚。そこで焼くという調理法を選択してみましょう。身だけ食べるのではなく、コラーゲンが豊富な皮までいただくと、コラーゲンをしっかり摂取することが出来ます。

大切な睡眠

コラーゲンの効果をアップさせるためにとても大切な条件が、質の良い睡眠の確保にあります。コラーゲンを積極的に合成するのは成長ホルモンという物質。この成長ホルモンは睡眠中に活発に分泌されます。直前までスマホやPCの灯を見ていたのではホルモンの分泌を妨げることに。ゆったりとリラックスした状態で睡眠に入ることが、質の良い睡眠を得ることになります。

PAGETOP