おすすめ調理法

コラーゲンは水溶性であり、水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。そのため、その調理方や食べ方によって、摂取出来るコラーゲンの量が変わってしまいます。どのような調理法が良いのでしょうか。

炒め物にする

コラーゲンは水に溶けやすい成分です。そのため水を使わずに調理すると良いでしょう。炒め物などでさっと火を通します。コラーゲンは骨や軟骨などに多く存在していますので、鶏の軟骨や鶏皮を少しこげ目がつくまで炒め、塩コショウでさっぱりといただくのもおすすめです。

魚は焼き魚で

コラーゲンは魚の皮にも多く含まれています。煮魚として調理するよりは、焼き魚にし、皮もきれいに食べましょう。うろこの少ない鮭などの魚であればとても食べやすく、美味しくいただけます。煮魚にした場合、しばらくすると溶けだしたコラーゲンがゼラチン化し、煮汁が固まってきます。その場合は煮汁も魚と一緒にいただくようにしましょう。

スープにする

どうせなら溶けだしたコラーゲンもすべて摂取出来るように、スープにするのも良いでしょう。スープなら骨付き肉を煮て、コラーゲンを抽出します。出来上がったスープに生姜や塩コショウで味付けすれば、とても美味しいスープの出来上がりです。また、カレーやシチューなどの煮込み料理も、すべていただけるのでおすすめです。

PAGETOP